teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


日経新聞からの記事

 投稿者:Yukari  投稿日:2012年 5月19日(土)21時09分5秒
返信・引用
   傾斜(スロープ)を利用した健康運動「スローピング」が関心を集めている。
坂道や階段の上り下りを繰り返すだけ。特別な器具がいらないお手軽な運動に
もかかわらず、ウオーキングを上回る効果が見込めると専門家は指摘する。普
段使わない筋肉を鍛えられ、心肺機能の向上も期待できるという。実際に導入
する自治体も出始めた。

 「イチ、ニ、イチ、ニ……。はい、ちょっと休憩しましょう」――。東京都
大田区にある「デイサービス邑(ゆう)」で、掛け声が響く。介護が必要な高
齢者18人が上り下りの動作を繰り返していた。体力測定の踏み台昇降のような
動きだが、段差は10センチメートルほどに抑えている。思うように脚が動かず
苦労はしているものの、手すりを握っている姿はみな懸命だ。

 この施設は7年前、運動メニューの中にスローピングを取り入れた。ストレ
ッチやスクワットの後に、踏み台でスローピング運動をする。3分間の昇降を
休憩を挟みながら10回繰り返す。1年半前から施設に通う92歳の男性は「ス
ローピングを始めてから、しっかり歩けるようになった。他のみんなも元気に
なったようにみえる」と笑顔で話す。

 「90歳を過ぎても、運動能力が向上する高齢者を何人も見てきた。来所当初
は携帯酸素ボンベを手放せなかったが、スローピングを始めてから持ち歩く必
要がなくなった人もいる」。デイサービス邑に勤める介護士、幸島アキ子さん
はこう話す。介護士や家族の負担を減らすことにもつながっているという。

 スローピングは埼玉県に暮らす奈良岡治成氏が考案。1997年に国際スローピ
ング協会を設立し、普及活動を進めてきた。「ヒマラヤなど山岳地帯や高地に
暮らす人は足腰が強くて寿命が長い。これをヒントに高低差を利用した運動法
を思いついた」と奈良岡氏は説明する。手軽な運動で高齢者向けと思いがちだ
が、中年や若者にも効果がある。

 実践する場所は階段でも坂道でも構わない。階段を使うときは、まず前向き
で5~10段上り、次に体の向きを変えずに下る。こうした動作を繰り返す。背
筋を伸ばし、靴底全体で着地するよう心掛けるのがポイントだ。最初のうちは
10分を目安にし、慣れてきたら20分間続けるように心がける。

坂道の場合、初心者なら傾斜が5~10度の道を選び、100歩ずつ上り下りを繰
り返す。20分程度、20往復を目安にする。自分のペースで距離や時間を徐々に
延ばしていけばよい。腕をしっかり振り、できるだけ大股で歩くと効果は高く
なるという。

 スローピングはウオーキングなどの有酸素運動と筋力トレーニングを組み合
わせた運動といえる。運動法の効果を研究する早稲田大学の川上泰雄教授は
「平らな場所を歩くウオーキングに比べ、同じ時間で5倍の効果が期待でき
る」と強調する。階段を上り下りする動作は平らな場所を歩くときよりも高く
蹴り上げるため、歩幅が広くなり、つま先が上がって転倒しにくくなるという。

 「思うように歩けず、つえをついてやっと歩ける人に向いている」。提唱者
の奈良岡氏が高齢者向けと勧めるのが「1段活用法」だ。ひとつだけしかない
低い段差の踏み台を使い、昇降動作を繰り返す。市販の踏み台を活用できるほ
か、牛乳パックや段ボール箱も流用できる。冒頭に登場するデイサービス邑以
外にも導入する介護施設は出てきた。青森県深浦町は昨年、専用の昇降台を購
入し、各地の集会所で高齢者向けのスローピング教室を実施している。

 「スローピングは高齢者の生活の質の向上につながる」。スローピングを推
薦する弘前学院大学の吉岡利忠学長はこう言い切る。「医療現場で活用するの
はもちろん、若いときから続ければ、生活習慣病などの予防になる。もっと普
及させたい」と話す。

 毎回運動が長続きしない人でも、特別な器具も場所も必要としないスローピ
ングなら毎日続けやすい。あまり気張らずに、まずは朝の出社時間や家事の合
間などを利用して始めてみてはいかがだろう。
 
 

呼吸・弛緩・姿勢の学びを生かして

 投稿者:Sayaka  投稿日:2012年 4月29日(日)23時52分4秒
返信・引用
  前回のWSでは高齢者における「良質の健康・体力つくり」ということがテーマにあげられていました。安いものが求められているが良質でないと、満足しない時代だということ、
また、私たちが高齢の年代になるころには日本の人口の40%が高齢者となり社会問題というレベルを超えたパニック状態になることが想定できるそうです。

 シニアの学びでも、呼吸・弛緩・姿勢についてを良く理解しておく必要があると考え、今各チームで活動中のリーダーのみなさまに、チームの学びのなかでシニアにおいての視点からも
ヒントになることを探し出して頂きたいと!!思います。

 私はSaoriさんリーダーの姿勢チームに入りました。Sachikoさん、Rikuさんは別のチームですね?

 Ninaさん、公民館高齢者指導のシェアをありがとうございました!! シニアの面でヒントになることをまた教えてください。今後も宜しくお願い致します。
 

宜しくお願い致します!

 投稿者:Sayaka  投稿日:2012年 3月15日(木)00時19分38秒
返信・引用
  Yukariさんありがとうございます。こちらこそ宜しくお願い致します!!
色々と教えてください。
 

26日朝シェア会延期です

 投稿者:Nina  投稿日:2012年 3月14日(水)22時37分58秒
返信・引用
  Yaeさん、また次回よろしくお願いします!  

Sayakaさん

 投稿者:Yukari  投稿日:2012年 3月14日(水)18時27分29秒
返信・引用
  とても興味深い内容ですね。
高齢者にまだなったことがなぃので(当たり前!)、講習内容をぜひシェアしていただきたく。
RikuさんとNinaさんに連れて行ってもらいます。
どうぞよろしくお願いします。
 

Yukariさんへ

 投稿者:Sayaka  投稿日:2012年 3月14日(水)01時04分18秒
返信・引用
  お疲れ様です!!
今シニアチームでは、具体的なシニアエクササイズを生み出すまでに至っておらず、シニアについて勉強段階のシェアになります。
今回2名のWS報告の予定がSaoriさんが参加できなくなりまして、WSは私が参加しました「高齢者の社会問題、認知症、栄養管理、医療と介護の二分化からの運動のとらえ方」といった内容がメインになるものです。
解剖学研修で学んだ内容もお伝えできたらと思うのですが、もしご参考になりましたら是非お待ちしております。
 

いきなり飛び入りですみません!

 投稿者:Yukari  投稿日:2012年 3月13日(火)10時57分58秒
返信・引用
  私も高齢者のクライアントがありまして、17日のシェア会に参加させていただきたく。

行ってもよろしいでしょうか?
 

17日渋谷スタジオにて!

 投稿者:Sayaka  投稿日:2012年 3月 9日(金)21時00分1秒
返信・引用
  皆様~! 17(土)渋谷スタジオをお借りできることになりました。

営業後18時から渋谷スタジオにて集合で宜しくお願い致します。

WS参加していない方も、学んでいる情報を是非教えてください。

 SaoriさんのWSシェア楽しみにしております。

私も明日シニアWSに参加してきます!!
 

シニアWS行ってきました!

 投稿者:Saori  投稿日:2012年 3月 4日(日)23時35分25秒
返信・引用
  17土にシェアします!お楽しみに~♪

http://10

 

次回17(土)勤務後シェアしましょう!

 投稿者:Sayaka  投稿日:2012年 2月27日(月)14時08分25秒
返信・引用
  Saoriさんお返事ありがとうございます。

ではみなさま、日程は宜しいでしょうか!?

場所は渋谷スタジオを借りたいと思いますので確認してご連絡します。
 

レンタル掲示板
/3