teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(5)
  2. 新舗shop_fake 新型-大注目!注文特恵中 !! (3)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


(無題)

 投稿者:つよ  投稿日:2016年 4月28日(木)03時18分48秒
返信・引用
  160キロのデブが大暴れしてます

http://com.nicovideo.jp/community/co1603432

 
 

栃木の温泉とお花見に参加

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2016年 4月10日(日)15時36分0秒
返信・引用
    岩手の盲ろう者友の会を辞めた後は口封じからどこの団体も生かせず誰一人関わらせない圧力は10年続き昨年のの講演会も通訳不在。派遣通訳は頼まず相談員と友の会事務佐々木聖子さんだけで言い訳一つ無い。情報センターに調査を願ったら説明不足を癇癪でガードされた。おまけに口封じの圧力も強まり年賀状は一つも来なくなり県庁の課長は協力していたことがセンターの密告から沈黙させられた。深まる疑問からセンターと友の会事務に疑問の質問して返事無しは3ヶ月に入った。
 社会参加復権を賭けて温泉と当地の友の会との交流から再び栃木に単身向かうのに通訳介助チケットは3月厳守で届けると言って届かず、前日に一関の課長と相談員が揃ってチットなしでも心配ないと言う。これは知っているのに。友の会は県の看板団体で代返を頼まれたらしいこと。必死でかばう。言いだした本人が詫びるなり弁解なりすべきでないか。
 栃木行きは要介護の身とは言え社会参加復権を求めての強行。 4月1日宇都宮駅で当地の友の会代表の上杉さんと通訳介助の大塚達夫さんが待っていた。
 栃木は岩手の友の会に電話して岩手は許可するという形だと。 辞めていて本人の勝手のはず。今年は岩手国体の年で何も無かったことにしたいらしいのが判る。
 通訳介助を頼む立場ではきつく言えず片道だけになって帰りはタクシーと電車になるかと思ったが温泉は30キロ以上離れていた。それを往復付き合ってくれ更にホテルや夕食まで付き合ってくれた。温泉は山の中かと思ったら広大な平原地帯の中だった。
 次の日は大塚さんがホテルに迎えに来て共にバス停に。合計30人ほど来ていた。昨年通訳介助してくれた前栃木県聾唖協会長の高梨さんも来て再会した。 盲ろう者は4人。内一人が住所交換を申し出てきた。自分より一つ年下だった。お花見にしろ岩手は盲ろう者友の会、聾唖協会、難聴者の会、全通研の差別徹底で多勢の人と共に語り合うのは10年ぶりになる。6人位と話が出来近くの神社にも参拝した。
 お花見会の場所は東雲公園と言って一関の釣山公園、盛岡の城跡公園の何倍もあった。桜の花は近くで見ると10センチ近くあった(レンズのせいらしい)。終わりに記念撮影して駅に向かい栃木の計らいから帰りもあわてず2人に見送って貰った。
 理解、協力してくれた課長や栃木の人たちのおかげ楽しい思い出になり何一つトラブルも無く帰って来れた。
  過去に全国大会の終わりに新横浜から一人で帰れと言われて鉄道員の指示で乗り換え4つを間違えずに帰ったことがある。


 

ヵ”ちぉもしろぃ

 投稿者:ゃばたん  投稿日:2016年 4月 3日(日)17時14分7秒
返信・引用
  http://com.nicovideo.jp/community/co3218401  

暴走しようが看板は正義か

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2016年 2月18日(木)13時33分45秒
返信・引用
   岩手は看板団体を守るために暴走しようが正当化し一人残らず沈黙号令掛けられ、口封じからどこの団体も行かせない。県外にも悪口が流された。
 それでも復権を求めて社会参加を繰り返した。
 そして昨年お盆明けに栃木の福祉課と盲ろうの友の会に手紙とファクスとメールを10回以上出しても無視された。そのころ岩手県庁の課長が司法権がないとして暴走調査も出来ず替わりに社会参加したいなら協力してやれと指令されて地元の2つの振興局の課長が協力に来ました。
 これに勇気づけられて栃木県庁に問い合わせしたらと端に協力的になった。更に後ろに福祉がいることで真剣になった。
 そして強引だけれど今は神経を痛め要介護の身で単身栃木に乗り込み語り合い和解し、参加所会員になった。
 そして岩手に通訳介助チケットを求めました。これは一人残らす口封じの岩手では使えず栃木とだけ使うと差別がはっきりする。
 最初に栃木が無視したことは岩手から相手にするなと悪口が入っていた。
 すると、と。昨年盛岡で講演会があったとき通訳が言い訳抜きで誰も来ない事の調査を願った。結果は説明不足を癇癪でガードしただけ。更に講演会を勧めてくれた人も含めて年賀状が6人消えた。沈黙号令が掛けられた事になる。
 友の会を辞めたのは親を馬鹿だと認めろと言われて馬鹿らしいとして退会したが、出所は県聾唖協会会長。退会したら全通研が聾唖者はかわいそうなんですと言いに来た。これは初めから猜疑心からだと知っていたことになります。
 詫びれば済む話しが面子から隠せ隠せとなって辞めた理由は出任せが流されていた。それで時効になっても10年経っても取りけせず口封じに沈黙号令が掛けられた。
 看板団体だからと暴走しようと司法権のない福祉は何も出来ない。それどころか辞めた理由は一般や全国の友の会、全国協会にもそのまま言えずデマを流し今度の栃木行きも妨害しかねない。 4月に栃木の友の会と交流に行く。詫びるより知らなかったと言えば正義になると言う感覚がおかしいではないか。全国の支援団体さえ知らん顔している。そして協力してくれた県庁の課長にかん口令が入ったか一ヶ月沈黙したまま間もなく退任だろう。
 通訳介助チケットは友の会が発行する。その為どんな小細工されるか判らなく検分に出す事にした。
  それにしても看板団体だからと暴走しても正当化するのは岩手のためになるのか。


 

暴走しようが看板は正義か

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2016年 2月16日(火)21時23分42秒
返信・引用
   岩手は看板団体を守るために暴走しようが正当化し一人残らず沈黙号令掛けられ、口封じからどこの団体も行かせない。県外にも悪口が流された。
 それでも復権を求めて社会参加を繰り返した。
 そして昨年お盆明けに栃木の福祉課と盲ろうの友の会に手紙とファクスとメールを10回以上出しても無視された。そのころ岩手県庁の課長が司法権がないとして暴走調査も出来ず替わりに社会参加したいなら協力してやれと指令されて地元の2つの振興局の課長が協力に来ました。
 これに勇気づけられて栃木県庁に問い合わせしたらと端に協力的になった。更に後ろに福祉がいることで真剣になった。
 そして強引だけれど今は神経を痛め要介護の身で単身栃木に乗り込み語り合い和解し、参加所会員になった。
 そして岩手に通訳介助チケットを求めました。これは一人残らす口封じの岩手では使えず栃木とだけ使うと差別がはっきりする。
 最初に栃木が無視したことは岩手から相手にするなと悪口が入っていた。
 すると、と。昨年盛岡で講演会があったとき通訳が言い訳抜きで誰も来ない事の調査を願った。結果は説明不足を癇癪でガードしただけ。更に講演会を勧めてくれた人も含めて年賀状が6人消えた。沈黙号令が掛けられた事になる。
 友の会を辞めたのは親を馬鹿だと認めろと言われて馬鹿らしいとして退会したが、出所は県聾唖協会会長。退会したら全通研が聾唖者はかわいそうなんですと言いに来た。これは初めから猜疑心からだと知っていたことになります。
 詫びれば済む話しが面子から隠せ隠せとなって辞めた理由は出任せが流されていた。それで時効になっても10年経っても取りけせず口封じに沈黙号令が掛けられた。
 看板団体だからと暴走しようと司法権のない福祉は何も出来ない。それどころか辞めた理由は一般や全国の友の会、全国協会にもそのまま言えずデマを流し今度の栃木行きも妨害しかねない。 4月に栃木の友の会と交流に行く。詫びるより知らなかったと言えば正義になると言う感覚がおかしいではないか。全国の支援団体さえ知らん顔している。そして協力してくれた県庁の課長にかん口令が入ったか一ヶ月沈黙したまま間もなく退任だろう。
 通訳介助チケットは友の会が発行する。その為どんな小細工されるか判らなく検分に出す事にした。
  それにしても看板団体だからと暴走しても正当化するのは岩手のためになるのか。




 

暴走しようが看板は正義か

 投稿者:岩手県元盲ろう者友の会会員松岡幹夫  投稿日:2016年 2月16日(火)05時54分13秒
返信・引用
   岩手は看板団体を守るために暴走しようが正当化し一人残らず沈黙号令掛けられ、口封じからどこの団体も行かせない。県外にも悪口が流された。
 それでも復権を求めて社会参加を繰り返した。
 そして昨年お盆明けに栃木の福祉課と盲ろうの友の会に手紙とファクスとメールを10回以上出しても無視された。そのころ岩手県庁の課長が司法権がないとして暴走調査も出来ず替わりに社会参加したいなら協力してやれと指令されて地元の2つの振興局の課長が協力に来ました。
 これに勇気づけられて栃木県庁に問い合わせしたらと端に協力的になった。更に後ろに福祉がいることで真剣になった。
 そして強引だけれど今は神経を痛め要介護の身で単身栃木に乗り込み語り合い和解し、参加所会員になった。
 そして岩手に通訳介助チケットを求めました。これは一人残らす口封じの岩手では使えず栃木とだけ使うと差別がはっきりする。
 最初に栃木が無視したことは岩手から相手にするなと悪口が入っていた。
 すると、と。昨年盛岡で講演会があったとき通訳が言い訳抜きで誰も来ない事の調査を願った。結果は説明不足を癇癪でガードしただけ。更に講演会を勧めてくれた人も含めて年賀状が6人消えた。沈黙号令が掛けられた事になる。
 友の会を辞めたのは親を馬鹿だと認めろと言われて馬鹿らしいとして退会したが、出所は県聾唖協会会長。退会したら全通研が聾唖者はかわいそうなんですと言いに来た。これは初めから猜疑心からだと知っていたことになります。
 詫びれば済む話しが面子から隠せ隠せとなって辞めた理由は出任せが流されていた。それで時効になっても10年経っても取りけせず口封じに沈黙号令が掛けられた。
 看板団体だからと暴走しようと司法権のない福祉は何も出来ない。それどころか辞めた理由は一般や全国の友の会、全国協会にもそのまま言えずデマを流し今度の栃木行きも妨害しかねない。 4月に栃木の友の会と交流に行く。詫びるより知らなかったと言えば正義になると言う感覚がおかしいではないか。全国の支援団体さえ知らん顔している。そして協力してくれた県庁の課長にかん口令が入ったか一ヶ月沈黙したまま間もなく退任だろう。
 通訳介助チケットは友の会が発行する。その為どんな小細工されるか判らなく検分に出す事にした。
  それにしても看板団体だからと暴走しても正当化するのは岩手のためになるのか。










 

ビジネスメンバー募集

 投稿者:仁美  投稿日:2016年 2月14日(日)17時45分42秒
返信・引用
  逃げるのは簡単です。夢は逃げませんが、あなたがいつも逃げているからこそ実現しない事実を知ってください!
必要なのは勇気ではなく「覚悟です」
覚悟があれば全ては動き始めます!
だからこそ、今「行動して欲しい」

下記リンクからご応募お待ちしております
http://qs-asp.com/lp/3207/416292
 

全国の障害者自立支援団体の中身

 投稿者: 岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年12月26日(土)23時15分33秒
返信・引用
   全国の障害者社会参加支援を旗印にする団体に社会参加妨害9年で9つになるのを訴えた。
 ところが驚くべき数字が出た。1つを除いて全部知らん顔している。障害者支援とは只の建前で障害者一人くらい放っとけとは差別は全国共通なのか。
 返事の来たある団体は私達は旗上げしたばかりで素人ですからお断りしますとメールが来た。団体の名前そのものが自立支援となっている。旗上げしたのなら責任持って当然ではないかというと、警察に訴えますと言う。責任者に手紙出したら受け取り拒否された。名前は伏せる必要なく「全国障害者自立支援の会」。
 時効になった話しなら無視されても当然だが、9年も前から続く社会参加妨害のことです。しかも関係者は口封じから沈黙号令されて誰とも関われない差別を受けている。
 団体は建前の看板だけで差別し責任も持っていないのか。
 その中には盲ろうの全国協会やヘレン・ケラー協会も入っている。全国障害者問題研究会も日本身体障害者団体連合会も全国障害者団体連合会もリハビリティション協会、、、も。
 支援団体が障害者の支援どころか差別を強行していることになる。そして岩手の暴走団体を立てて個人は放っとけと言っていることになる。ヘレン・ケラー協会はかなんり前から。全国協会も最初に訴えたときは岩手の盲ろう者友の会に釈明を求めたが岩手は嘘で切り抜けたのかPJA4JM、全国の友の会に相手にするなと差別号令掛けられてかなりがメール受信拒否された。団体優先にして差別号令。どっちも手紙とメール何十回も出したが返事は一つも来ない。たかが障害者の一人くらいと無視仕切っている。
 福祉さえ見なかったことにして暴走を隠すことを続けている。
 聾唖者は知らなかったと言えば正義になると本人が言い、通訳はかばったと言えば暴走でも正当化される。そして福祉は見なかったことにして看板団体を守ることしかしないのが現実です。
 岩手は妨害やかん口令でどこの団体も行かせない口封じのため他県に求めた。そして通訳介助チケットを申し込んだが岩手では差別から使えない。他県にだけ使うとは差別がはっきりするため妨害したがる。勝手な理屈だ。支援出来ないのなら看板ははずしたらどうか。立派な詐欺罪になる。
 中には情報提供だけで支援団体と看板上げているところもある。 堂々差別して個人の相手はしないところも。
   福祉の専門家はまず通訳への規制改善が先だと言い、自民党や共産党に話しを持って行かれたことがあるが、その後は進展しないが、支援団体は全く当てにならないのが現実だから。


 

コミュ相互参加など

 投稿者:うりゅき  投稿日:2015年12月20日(日)12時36分6秒
返信・引用
  ニコ生やってます
雑談中心にゲーム配信してり料理配信をしています!!
よかったら一度遊びに来てコミュ参加なんかもしちゃってください(´<_` )

生主やってるひとがいたら相互コミュ参しませんか?

http://com.nicovideo.jp/community/co1080558

 

障碍者支援団体各位

 投稿者:岩手県元盲ろう者会員松岡幹夫  投稿日:2015年11月14日(土)07時05分35秒
返信・引用
 
 前略 盲ろう者の支援団体ヘレン・ケラー財団の他全国の主な団体に障害者の社会参加妨害について片っ端から訴えました。
 殆ど全部が知らん顔しています。何のための支援団体ですか。
 聾唖者は法律も通らなく責められず通訳はかばったと言えば暴走でも白紙化され双方何も無かったことにされるらしいこと。
 そして関係者は一人残らず沈黙を強いられる。こちらに説明は9年も来ていない。
 友の会を辞めて9年も誰一人とも関わらせない。どこの団体も行かせない。通訳は頼めない圧力となった。けれど時効になった話しではなく社会参加復権を求めても9年もかん口令と友の会関係が妨害し続けた。福祉は証拠不十分を盾に何もしないばかりか籾つぶして岩手の看板団体として見なかったことにした。
 かって福祉が公平になったときに友の会事務局長小笠原利行さんに謝罪を求めたら逃げ回ること3年になる。福祉に文句言っても知ったことでないとしか言わないだろう。
 東京からケースワーカーが2回来て代理人として友の会事務局長と話したら追っ払われ差別は当然だという。知事がそう言ったのか。ケースワーカーは法テラスに頼めと言い残して帰った。
此方はとっくに時効の話ではなく社会参加復権を求め続けた。
岩手では障害者の社会参加推進センターも更生相談所もかん口令が入ってはどこも行けなく籾つぶしを計られたことになる。
 他県として栃木に向けても相手にするなとされていた。それを福祉の協力で要介護の身で一人で強引に栃木に行き和解し、賛助会員になった。
 そして岩手に通訳介助チケットを求めた。県庁の課長は関わりを嫌がり一人でやれと言う。友の会とまともにやれる訳が無く地元の課長に頼み了解となった。
  さてこれは岩手では障害者の社会参加推進センターさえもかん口令が入り一人残らず口封じでは使えない。栃木とだけ使う差別は歴然となる。そして大慌てで栃木に悪口妨害が行くだろう。  これに対して栃木は個人情報は守るという。
 全国の支援団体はこれでも岩手の態度が合法的に見えるのですか。看板団体だからと暴走、妨害を正当化され関係者は沈黙を強いられたとしか見えないではないか。盲ろうの全国協会もヘレン・ケラー財団も初めから一言も言わない。時効の話は抜きにしてもだから何のための支援団体なのか。岩手の知事が差別号令したとは思えない。社会参加復権を求め要介護の身で来年で10年になります。責任ある返事を求めます。後略    岩手県松岡幹夫
 

/63